負担にならないことが重要!電話代行の料金

電話代行を利用する際の料金体系

電話代行を活用することで、社員が不在がちな企業であっても、顧客からの問い合わせを取りこぼすことが無くなります。立ち上げ当初のベンチャー企業など、資金的事情により電話対応要員を雇えない場合には、外部の代行業者を活用することは、少ないコストで電話の取りこぼしを無くすことができる良い方法なのです。代行会社を依頼する際には、利用状況に応じた料金体系を選んでいく形になります。多くの会社では、一定期間にわたり、月額制で料金の支払いを行い、電話業務を代行する形を取っています。提供されるプランには、上限となる受信数が設定されているケースが多いものです。月に受けられる受信数を超えた場合には、追加課金を徴収するシステムが採用されているのです。

オプションサービスも提供されている

電話代行を利用するにあたっても、用途によっては通常の対応では不十分な場合もあるでしょう。電話代行を行なう業者によっては、普通の電話対応だけではなく、秘書代行サービスなどのオプションサービスの提供を行なう業者も存在しています。顧客ごとの対応方法を重要度に応じてプライオリティ分けを行なったり、簡潔に事業概要を伝えたりなど、自社の社員同様の電話対応を行なってくれるのです。 多くの電話代行会社では、契約を結ぶ前に試用期間が設けられています。ある程度の受信業務を行なってもらい、自社の電話対応に相応しいものであるかを判断できるのです。代行を依頼する会社を選ぶ際には、利用者の声を参考にしてみるのも良いでしょう。比較サイトなどには代行会社を使った事業者の口コミが掲載されているものです。代行を依頼した業者の評判を参考にしながら選んでいくのも良いでしょう。