仕事に集中できる!時間の有効活用

電話に奪われる時間が少なく済む

数多くの業務に電話対応が含まれていた場合、その対応が他の作業の足を引っ張る恐れがあります。どのような用件か分からない場合、ビジネスチャンスになる可能性があるため、出ないという選択肢はないでしょう。ただデータの作成や重要な会話など、途切れては困る場合があります。そこで電話代行サービスを導入しておくと、そういった作業に集中しやすくなります。 電話代行サービスの中には、商品の説明など比較的簡単な会話であれば代わりに対応してくれるところもあります。そのためどうしても本人が対応しなければならない電話のみに絞ることができるというわけです。またかかってくる電話の中には、セールスなど特に対応する必要がないものも含まれます。その取捨選択の役割も任せられます。

電話対応するスタッフ以外の負担軽減も

また自社で電話対応の窓口を設置しておくと、実際に電話対応をするスタッフ以外の人の負担にもなります。スタッフを募集するための求人を作成したり、応募してきた人から選ぶ面接など、スタッフが必要になったタイミングに応じて不定期的に時間が奪われてしまいます。そういった負担もまとめて削減できる可能性があるのが、電話代行サービスの強みです。 対応するのはあくまでも依頼先の会社のスタッフなので、急に人手が足りなくなるという心配がありません。また昼食を取っていたり会議に出席しているなど、電話に出られない状況だった場合、折り返して用件を訊ねるところから始めなければなりません。しかし電話代行サービスだと、最低でもどのような用件だったかは確認しておいてくれるため、それ以降のやり取りがスムーズに進みやすく、相手の時間節約にも繋がります。